EXEDY CUP OPTION2 お遊び耐久

 カレンダー
<< 2015年12月


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


 カテゴリ
NEWS
ショッピング
日記
ケータイ投稿

 新着記事
謹賀新年
フェイスブックページが完成しました。
謹賀新年

 バックナンバー
2015年12月(1)
2015年02月(1)
2015年01月(1)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(5)
2014年08月(5)
2014年04月(3)
2014年03月(2)
2014年02月(1)
2013年12月(4)
2013年11月(3)
2013年10月(4)
2013年08月(5)
2013年07月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(2)
2013年01月(1)
2012年12月(4)
2012年11月(4)
2012年10月(3)
2012年08月(3)
2012年07月(3)
2012年06月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(6)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(3)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年09月(4)
2011年08月(13)
2011年07月(1)
2011年06月(2)
2011年04月(3)
2011年03月(10)
2011年02月(3)
2011年01月(1)
2010年12月(4)
2010年11月(6)
2010年10月(1)
2010年08月(3)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(6)
2010年03月(11)
2010年02月(20)
2010年01月(7)
2009年12月(9)
2009年11月(6)
2009年10月(4)
2009年09月(5)
2009年08月(15)
2009年07月(3)
2009年06月(7)
2009年05月(5)
2009年04月(6)
2009年03月(10)
2009年02月(6)
2009年01月(15)
2008年12月(28)
2008年11月(10)
2008年10月(4)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(16)
2008年06月(11)
2008年05月(2)

 ブログ内検索
キーワードで検索します。

 RSSリンク
サイト最新情報をRSSリーダーにて受信できます。

開催報告【2013年8月10日Rd2】

2013年8月14日
2013年シリーズの第2戦です!

わかってはいるけど、想像を絶する猛暑の中での開催!。
全国各地でも、熱中症などの患者さんも多く出ている中、2013年シリーズもっとも過酷なレースとなりました。

各チームの皆さんが、それぞれに工夫したクールダウンにより、倒れる方も無く、レースは無事に開催出来ました。
また、約10年の開催歴史から、常連と言われるチームのドライバー年齢も上がり、夏の大会を辞退されるチームもあり、参加チームは少なく、またNEWチームの参戦が多く目立つ大会でした。

しかし、夏を制する者は、耐久を制すると言わんばかりの、頑張って参戦されたチームは、シリーズポイントを獲得し、シリーズ優勝へと大きく前進するカタチとなりました。

前回惜しくも、大きな結果を残す事が出来なかった、チーム:Z−SPEC RACING EXPRESS 999は、クラス4(ターボ2駆)など不在がチャンスとなり、前回のサードポジションから、ポールポジションスタートをゲット!!



耐久レースには、数えきれないドラマ展開があり、今回も飛んでも無いドラマがレース展開を面白くさせてくれまいした。
決勝レースがスタートし、約1時間の経過が訪れようとした時、コース上では、多くのコースアウトが発生し、セーフティーカーの介入により、車両回収が行われました。
タイミング的に、SCタイムを利用した給油ピットをするチームも多く、また義務回数の消化をおこなう為、ピットするチームも御座いました。
丁度、その時、時刻は1時間を経過してしまい、ピットタイミングをせずに、走行していたチーム:TeamWR & Z−SPEC制動屋が、1時間の中間ポイントをゲット!
それまで、トップを走行していたチーム:シグナルオート千里SSR86は、ピットインにより順位を3つ落とし、4位だった為、中間ポイントをゲットする事が出来ませんでしたが、2時間の中間ポイントはゲット!

今年は、総合クラスによるシリーズ戦となる為、この様な中間ポイントは、あと後に、大きく有効となるポイント。
走行スケジュールタイミングは、チーム監督の腕のミセドコロ
常に、オーダー通りに行かなく、状況に合わせた判断をおこなう為には、ドライバーはもちろん、チームクルーの情報やアイデアなど、様々な力が求められます。
身近な見方であり、みんなの見方にもなりますが、MCシャーリー半田さんの、アナウンスには、これまで多くのレースを観てきた、知識により、的確なアドバイスが流れるているので、『要チェック

レースが中盤を迎えたころには、ゲリラ豪雨も発生しましたが、全体のペースがさがり、マシンにとってもクールダウンが出来、当然熱中症にて倒れるクルーも無く、今大会は、SCが1回だけという、とてもジェントルメンなレースとなりました。

優勝は、チーム:ニワレーシングKYBフィットが、97Lapを走り、前回に続き2大会連続優勝
2位には、惜しくもチーム:シグナルオート千里SSR86が、堂一周回数の97Lapを走行し、約28秒後のチェッカーとなりました。
あのSCタイミングが、この様な結果となっただけに、非常に悔しいレースでしたが、新型86のポテンシャルの高さは、チューニングファンを大きく、動かしたチームでした。

レース後には、3時間を戦い抜いた皆さまによる、集合写真




今大会は、コラボ企画としてマツダRX−8オーナーズによる、『西日本エイトの日』も開催され、来場者の皆さんには、普段観る事の出来ない、沢山のRX−8を観る、夏休みの思い出となったようです。



もちろん、RX−8オーナーズ皆さんも、EXEDYギャルとの集合記念撮影



夏休みという事もあり、多くの子供さんも来場され、いつも以上にファミリーで楽しめるイベントとなりました。
次年度は、さらに夏休みイベントを企画して参りますので、ご期待下さい



レース結果は下記のリザルトをダウンロードしてご確認ください

『フリー走行1本目』

『フリー走行2本目』

『予選走行』

『3時間耐久決勝結果』

次回ラウンド2は、10月12日(土)開催

昨年度、大好評だったマツダオーナーズミーティングがよりパワーアップして『M’z Fun Meeting』として併催

また、本年度よりスタートしました年間エントリーにより、募集枠が45台から、かなり減っております
スポット参戦の皆さま、早々のエントリーをお願い致します
この記事のURL : http://okayama.zimotylife.com/taikyu/defaultService.asp?aIdx=2406
お問合せ   |     |   [前の記事]   |   [次の記事]   |   ▲TOP


サイト管理 / サイトポリシー / 求人情報
© 2015   EXEDY CUP OPTION2 ENJOY ENDURANCE RACE   ALL RIGHTS RESERVED.