EXEDY CUP OPTION2 お遊び耐久

 カレンダー
<< 2016年1月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






 カテゴリ
NEWS
ショッピング
日記
ケータイ投稿

 新着記事
謹賀新年
フェイスブックページが完成しました。
謹賀新年

 バックナンバー
2015年12月(1)
2015年02月(1)
2015年01月(1)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(5)
2014年09月(5)
2014年08月(5)
2014年04月(3)
2014年03月(2)
2014年02月(1)
2013年12月(4)
2013年11月(3)
2013年10月(4)
2013年08月(5)
2013年07月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(2)
2013年01月(1)
2012年12月(4)
2012年11月(4)
2012年10月(3)
2012年08月(3)
2012年07月(3)
2012年06月(4)
2012年04月(5)
2012年03月(6)
2012年02月(1)
2012年01月(2)
2011年12月(3)
2011年11月(2)
2011年10月(1)
2011年09月(4)
2011年08月(13)
2011年07月(1)
2011年06月(2)
2011年04月(3)
2011年03月(10)
2011年02月(3)
2011年01月(1)
2010年12月(4)
2010年11月(6)
2010年10月(1)
2010年08月(3)
2010年07月(4)
2010年06月(4)
2010年05月(2)
2010年04月(6)
2010年03月(11)
2010年02月(20)
2010年01月(7)
2009年12月(9)
2009年11月(6)
2009年10月(4)
2009年09月(5)
2009年08月(15)
2009年07月(3)
2009年06月(7)
2009年05月(5)
2009年04月(6)
2009年03月(10)
2009年02月(6)
2009年01月(15)
2008年12月(28)
2008年11月(10)
2008年10月(4)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(16)
2008年06月(11)
2008年05月(2)

 ブログ内検索
キーワードで検索します。

 RSSリンク
サイト最新情報をRSSリーダーにて受信できます。

Rd1リザルト

2012年4月15日
朝はテンションのさがる雨模様。。。
新レギュレーション一発目の開催となる2012年第1戦(開幕戦)
今回より、ブリーフィングには走行するドライバー全員の参加が義務となり、新しく変更された点など気になる事が多い為、ドライバーは真剣な表情でした。

レギュレーションが一新された事と、案内が遅かった為、参加台数が若干少なかったのですが
EXEDY CUP OPTION2 お遊び耐久レース は、今年で8年目を迎える事となり、
業界関係者の期待も大きく、会場には冠スポンサーである『EXEDY』さんのブースに、
『DIXCEL』さん、『三栄書房(OPTION2)』さん、『制動屋』さん、『ATS・ハンコックタイヤ』さんの
ブースがならびました。
プレス関係では、大会名称にもございます『OPTION2』さんはもちろんの事、『OPTION2・DVD』さん、
『走改車楽(そうかいしゃらく)/TV大阪系』さん、『J・D・M/走行写真パネル販売』さん、『フォトクリエイト/オールスポーツコミュニティWEB写真販売サイト』さんの取材・撮影等があり、決勝スタート前の集合写真撮影では、沢山のプレス・ゼッケンを着用された方であふれていました。

今回、話題をよんだのはシグナルオート千里(大阪)さんの「新型・トヨタ86」での参戦!
 ・えッ!あれ86〜。
 ・うっそぉ〜、もったいない。。。
 ・壊れるちゃうん!
 ・カッコイイ☆!!
など、いろいろな声を聴きましたが、流石!TOYOTA!3時間耐久を見事走りました。
しかもクラス優勝! 総合でも6位のポテンシャル
セッティングも出来ていない、未開発な状態とは思えない安定した走りでした。
おそらく、日本国内で耐久レースに参戦した86は、シグナルオート千里さんが、初ではないでしょうか(^_^メ)

そして、今年より初の総合表彰をおこなう事となり、下克上をねらったアツイバトルが繰り広げられました。
クラス5のshinryoレーシングさんが早々にリタイヤとなり、クラス内単独走行となってしまったT.O.Jのランナーエボリューションと、同じくクラス4内の単独走行となっていたパワースポーツDIXCEL・FD3Sが、マシンのメカニカルトラブルなどにより、レース中盤より順位を落としてしまい、挙句の果てにはファイナルラップをほぼ徐行状態のスロー走行でチェッカーを受け、クラス3の上位争いをしていたファブレスDC5は、ファイナルラップの最終コーナーを立ち上がって約100mを過ぎたところでガス欠となりチェッカーを受ける事ができず、完走できなかった場面もあり、最後の最後まで、何が起こるかわからないレースでした

最後は97周回を走破し、クラス1のTeamWR & Z−SPEC 制動屋 のシティが総合優勝を果たし、見事に下克上を達成しました。
しかし、2位には同じく同一周回の97周を走行したシグナルオート千里Linkageシビックが、1位の46秒後にチェッカーをうけました。

その他クラスの順位詳細は、下記の計測結果よりダウンロードにてご覧下さい。

 〇フリー走行1本目

 〇フリー走行2本目

 〇予選走行

 〇3時間耐久決勝レース

まさしく、だれが優勝するのかわからない新レギュレーション耐久レース。
次回は、8月11日(土)3時間耐久レースを開催。
沢山のエントリーをお待ちしております!
この記事のURL : http://okayama.zimotylife.com/taikyu/defaultService.asp?aIdx=2190
お問合せ   |     |   [前の記事]   |   [次の記事]   |   ▲TOP


サイト管理 / サイトポリシー / 求人情報
© 2016   EXEDY CUP OPTION2 ENJOY ENDURANCE RACE   ALL RIGHTS RESERVED.